【剣盾S34】最終順位16n-1調整【最終207位】

最終207位 レート1903

どうも、Tea (@_Tea_poke)です。 皆様S34お疲れ様でした。

久しぶりにポケモンに取り組んで、そこそこな結果が出せたので、構築記事を残そうと思います。

使用構築

 

個体紹介

ネクロズマ

特性:プリズムアーマー
持ち物:弱点保険
性格:意地っ張り
技構成:メテオドライブ/地震/ロックブラスト/龍の舞
実数値 (努力値)
191(148)-212(124)-148(4)-*-130(4)-126(228)

H 16n-1
S  +1で環境にいる大体のザシアン抜き
A あまり

この構築のエース。基本的にこいつを通して勝つ。
他の伝説ポケモンよりもザシアンとムゲンダイナに有利な点を評価し採用。
ロックブラストはイベルタルやホウオウに打つために採用したが、それ以上にカイオーガ対面で役に立った。龍舞積んだネクロズマカイオーガが対面し、互いにダイマックスを切った場合、こちらがダイアース→ダイロック→ダイロックと動くことで被ダメージを抑えることができる。
この動きをして、カイオーガに対面負けたことはなかった。
龍舞を積むタイミングだが、ザシアンやムゲンダイナ対面はもちろん、後述するイベルタルのバークアウト及びカイオーガの凍える風を絡めることで、カイオーガイベルタル対面でも龍舞を押すことが出来るようになり、龍舞が積めないという展開にはほどんどならなかった。
環境にいるネクロズマはHBの火力がないやつが多かったため、あまり警戒されずに通すことが出来たのだと思う。

 

イベルタル

特性:ダークオーラ
持ち物:たべのこし
性格:臆病
技構成:バークアウト/イカサマ/デスウイング/羽休め
実数値 (努力値)
225(188)-135-116(4)-152(4)-138(156)-152(156)

H 16n+1
D ステロ込特化イベル珠ダイジェット耐え
S 準速イベルタル抜き

とにかく硬いイベル。アシキchが動画にしていた型をそのままパクって採用。
珠持ち以外のディアルガカイオーガ、特殊イベルに対して、バークアウトから入ることで、こいつらのダイマを受けきることができる。相手の初手ダイマをイベルで枯らして、ネクロの後発ダイマで勝利というパターンの試合も結構多かった。相手が球持ちの場合やダイマしてこなかった場合でも、こちらのネクロの積みの起点に出来るので問題ない。
ネクロを通す上で非常に優れたサポート役だった。

カイオーガ

特性:あめふらし
持ち物:とつげきチョッキ
性格:ひかえめ
技構成:しおふき/ねっとう/凍える風/かみなり
実数値 (努力値)
191(124)-*-123(100)-222(252)-162(12)-113(20)

H 16n-1
B ザシアンのじゃれつく確定耐え
C 特化
D あまり
S 4振りランドロス抜き

こいつも硬くて強い。選出するときは基本初手に置いていた。
こいつはvsグラードン性能が優秀だった。まず、Sにほとんど振ってないので、天候を取ることができる。さらに、凍える風から入ることで、相手がステロから入ってきた場合は、こごかぜ→しおふきでグラードンを倒し、そのままオーガにダイマ切って相手を制圧していける。断崖の剣から入ってきた場合は、ステロを撒かせずに処理することができる。
電磁波や投げつけるは厄介だが、こちらの方が遅い場合、ほぼ打たれなかった。
黒バド入りの相手にイベルを投げないときは、代わりに黒バドの相手をしてもらっていた。何かと使い勝手が良く、強かった。

 

マーシャドー

特性:テクニシャン
持ち物:きあいのタスキ
性格:意地っ張り
技構成:シャドースチール/インファイト/岩石封じ/かげうち
実数値 (努力値)
165-194(252)-101(4)-*-110-177(252)

AS特化

この環境最強のタスキ枠。
スイーパーとしての性能が非常に高い。こちらはネクロで暴れている試合が多いため、ザシアンはラストに温存されがちだったが、ネクロで削りきれなかった相手を影打ちで倒し、ラス1ザシアン対面で勝利という展開が何度もあった。
うっかり相手の弱点保険に触ってしまったとしても、こいつが回収してくれるので安心。
プレイングが雑な僕にとって、とっても心強い存在だった。このシーズンを通してめちゃくちゃ好きになった。ちっこくてかわいい。

 

ムゲンダイナ

特性:プレッシャー
持ち物:くろいヘドロ
性格:臆病
技構成:ダイマックスほう/マジカルフレイム/どくどく/自己再生
実数値 (努力値)
247(252)-*-115-165-116(4)-200(252)

HS特化

要検討枠その1
相手のムゲンダイナ、ルギア、ジガルデ、ルナアーラ等、対処がダルい奴らを見るために採用したが、正直あんまり強くなかった。僕はこいつしか思いつかなかったが、他にダルい奴らの対処法があるなら絶対にこいつじゃなくていい。弱い。

 

ランドロス

特性:いかく
持ち物:ゴツゴツメット
性格:わんぱく
技構成:地震/岩石封じ/とんぼ返り/ステルスロック
実数値 (努力値)
196(252)-165-156(252)-*-100-112(4)

HB特化

要検討枠その2
初手にイベルを選出する際に、ザシアン対しての引き先という役割として採用したが、こいつを起点にサイクルを崩されることが多く、微妙だった。
特に最終日は、初手イベルザシアン対面で、即オーガ引きという動きを何回もされた。
こちらのランド引きは確かに見え見えなので仕方がないのかもしれない。
でもこいつを抜くと相手のゼクロムがやばいし、なにより初手イベル選出ができなくなってしまうので、採用せざるを得なかった。
もちろん活躍した試合も多かったので、いらないわけでは無いが、もっと良いポケモンが居るような気がした。

 

選出パターン


①イベル+ランド+ネクロ
②オーガ+ネクロ+マーシャドー
③オーガ+イベル+マーシャドー

ディアルガ・オーガ・黒バドのような並びに対しては①、グラードン・オーガ・ザシアンのような並びに対しては②、ネクロを選出しない場合は③という感じで使っていた。ムゲンダイナを選出したのは、ルギア・ジガルデ・ムゲンダイナのような並びに対してだけだった。

結果

TN さぶ 最終207位 レート1903
TN Tea   最終649位 レート1809

 

最後に

今回は新ルールになったということで、約4ヶ月ぶりにランクマに帰ってきました。僕自身、剣盾の集大成として取り組んだシーズンでもありました。最低でもレート1900は行きたいと思っていたので、その目標が達成できたのは良かったです。中盤まではレート2000行けるかなとか思ってたけど、僕の想定よりもかなりレートがデフレで、レート2000のボーダーが最終53位とかいう狂ったことになってて無理でしたね。
来期はやる予定無いので、これで僕の剣盾は終了です。剣盾楽しかった!!
次はSVで頑張ります。

閲覧ありがとうございました。